刀水歴史全書59
モンゴルの歴史[増補新版] モンゴルの歴史
遊牧民の誕生からモンゴル国まで
[増補新版]

宮脇淳子


定価: 本体2800円+税
2018年11月刊
ISBN4-88708-446-9
四六判 320頁

在庫あり
16年前に「世界初のモンゴル通史」として誕生,昨年はモンゴルでも訳書完成。既に4刷も品切れて,ついに新版発行。今秋,著者のモンゴル訪問による最新情報いっぱいの魅力溢れる通史。今までも,これからも最高のモンゴル通史はこの1冊です!

「モンゴル国は,国家としてはまだまだ発展途上国であるが,日本の大相撲の力士たちを見ればよくわかるように,モンゴル人は個人技に長けていて,とくに言語能力は高い。日本との間はビザなし交流になった。
中国とロシアという,日本外交にとって厄介な二つの大国の間に,モンゴルのような親日国があるというのは,日本国益に大いに利すると私は考えている。」(新版本文より)
 
 2018年8月〜9月,私は14年ぶりにモンゴル国の首都ウラーンバートルを訪問した。本文でも書いた通り,今では300万人の人口の半数近くがウラーンバートルに住んでいる。ウラーンバートルを取り巻く美しい山々は多くの家で埋まっており,それらはゲル村ではなく,すでにほとんどが固定住居と化している。(…)車が増えたせいでウラーンバートル市内はつねに交通が渋滞し,空気が悪いだけでなく,目的地に時間通りに着くことが難しい。
 …現地で出会った日本人技術者たちは,いつでも地下鉄を作る援助をするけどね,と言っていた。 日本人はやはり人がよくてモンゴル好きな人も多いんだなあ,と改めて思った次第である。
(「新版」あとがきから)
【主要目次】
第一章 遊牧騎馬民の誕生
第二章 モンゴルの登場
第三章 チンギス・ハーンの祖先たち
第四章 チンギス・ハーンの統一
第五章 モンゴル帝国のしくみ
第六章 モンゴル帝国の後裔たち
第七章 新たなモンゴル民族の形成
第八章 ロシアと清朝の台頭
第九章 最後の遊牧帝国ジューンガル
第十章 モンゴルの民族運動と日本
第十一章 第二次世界大戦後のモンゴル人
あとがき/新版あとがき
参考文献・索引・各時代毎に地図合計23点
モンゴル語版『モンゴルの歴史』表紙

        モンゴルの歴史 モンゴル語翻訳
     
【著者紹介】

宮脇淳子 みやわき じゅんこ
1952年生(本名 岡田淳子)。
1976年京都大学卒業,1982年大阪大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学,1983年から東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究員他。
博士(学術) 著書:『民族の世界史 4 中央ユーラシアの世界』(共著)山川出版社 1990年,『最後の遊牧帝国 ジューンガル部の興亡』講談社選書メチエ 1995年,『世界史のなかの満洲帝国』PHP新書 2006年,『真実の中国史(1840−1949)』ビジネス社 2011年,他多数
 HOME  会社案内 | 近刊案内 | 書名一覧・索引 | 注文について | リンク集
Copyright (c) 2005 Tosui Shobo, Publishers & Co., Ltd. All Rights Reserved