,
刀水書房 刊行予定
(これから出る本の紹介)

『スイスの歴史百話』
 (刀水歴史全書100) 2021年11月刊行予定
森田安一著
四六上製 400頁 予価3,000+税
ISBN978-4-88708-462-9 C1322 
ヨーロッパの中央に位置するスイスの歴史は、周囲の大国との関係を無視して語る事はできない。あえて、いやむしろスイスから語った百遍の歴史逸話から、連綿と続くヨーロッパの物語を浮かび上がらせた


   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


『歴史的世界へのアプローチ』 2021年11月刊行予定
Approaches to History: Essays in Honour of Hirokazu Tsurushima
春田直紀,新井由紀夫,David Roffe編
A5上製 450頁 定価6,500+税
ISBN978-4-88708-461-2
(筆者:日本人15人,英・仏・米9人)世界的規模での学融合。それぞれの母国語(日本語と英語)による論文集。日本語には英語の,英語には日本語の要約を付け,日英いずれかを第一言語とする研究者に対しても便宜を図る。

『ポーランド中近世史研究論集』 
2021年11月刊行予定
井内敏夫著
A5箱 900頁 定価14,000円+税
ISBN978-4-88708-463-6 C3022
社会の自律性をキーワードに,ポーランドの「選挙王政」「王国の王冠」 「共和政」の概念と実態を解明。君主政を前提とするポーランド共和主義の歴史的意味を半世紀にわたり問い続けた全論考の記念碑的集成!


『転向町弁の祖国讃歌 草の根の日本文明私案』  2021年12月刊行予定
内野経一郎著
ISBN978-4-88708-472-8 C1023

『ロビン・フッド森を駆ける』 (世界史の鏡 環境7) 2021年刊行予定
遠山茂樹著
四六並製 定価2,000円+税
ISDN978-4-88708-515-2 C1322
森と人間のかかわりをアウトローのロビン・フッド物語と史実の両面から考える


2022年刊行予定

『ユーゴスラヴィア解体とナショナリズム』

鈴木健太著
ISBN978-4-88708-473-5 C3022


『近世上田領上塩尻村の総合研究 U』

長谷部・高橋・山内編
ISBN978-4-88708-474-2 C3021


『トルコの歴史』 (刀水歴史全書101)
永田雄三著
四六上製 400頁 予価:3,600円+税
ISBN978-4-88708-458-2
C1322


『封建制原論』
(刀水歴史全書102)
甚野尚志訳
ISBN978-4-88708-475-9 C1322


『古代ギリシア史』 (刀水歴史全書103)
桜井万里子著
四六上製 450頁
ISBN978-4-88708-445-2 C1322


『ペストと宗教改革』(刀水歴史全書104)
石坂尚武著

『ドナウ
―中央ヨーロッパの歴史を見つめて
 (世界史の鏡 地域8)
大津留厚著

四六並製 定価2,000円+税

ISBN978-4-88708-514-5 C1322

『北京―ユーラシアの境界都市』 (世界史の鏡 環境2)
妹尾達彦著
四六並製 200頁 定価:2,000円+税
ISBN978-4-88708-509-1 C1322


『複合国家イギリスの地域と紐帯』
(仮題)
岩井 淳編





刊行予定日は変更になる場合があります

 HOME  会社案内 | 近刊案内 | 書名一覧・索引 | 注文について | 常備店一覧 | リンク集
刀水書房 Copyright (c) 2005 Tosui Shobo, Publishers & Co., Ltd. All Rights Reserved