研究書・論文 
明清交替と朝鮮外交 明清交替と朝鮮外交


鈴木 開著


定価: 本体8,400円+税
2021年3月刊
ISBN978-4-88708-465‐0
A5 500頁

在庫あり
大清国の成立に朝鮮王朝はいかに対応したのか。

朝明双方の史料を駆使し丁卯の乱(1627年),丙子の乱(1636年)の全容を明らかにした初めての研究。
朝鮮史の暗部に光をあてる!
【略目次】

序 論
第一章 光海君十三年における鄭忠信の後金派遣
第二章 姜弘立の生涯
第三章 丁卯の乱と朝鮮・後金関係
第四章 朝鮮・後金間の使者往来―1627-30
 補論 回答使鄭文翼一行の後金における活動
第五章 『瀋陽往還日記』に現れた仁祖九年の朝鮮・後金関係
第六章 朝鮮・後金間の使者往来―1631-33
第七章 丙子の乱直前の朝清交渉―1634-36
第八章 丙子の乱と朝清関係の成立
第九章 朝清関係における朝鮮国王号の成立
結 論
あとがき/人名索引
【著者紹介】
鈴木 開  (すずき かい)
東京生まれ。
明治大学文学部卒,東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。博士(文学)。
滋賀県立大学人間文化学部助教を経て,現在,明治大学文学部専任講師。
著書:『ハンドブック近代中国外交史』(岡本隆司,箱田恵子編)ミネルヴァ書房,『侠の歴史 東洋編 下』(上田信編)清水書院,論文:「伝石之こう撰『南漢日記』と李道長撰『承政院日記』―丙子の乱関係史料の基礎的検討」(『東洋史研究』79-2)等
 HOME  会社案内 | 近刊案内 | 書名一覧・索引 | 注文について |  リンク集
Copyright (c) 2005 Tosui Shobo, Publishers & Co., Ltd. All Rights Reserved