研究書・論文 
エリアーデ宗教学の展開
比較・歴史・解釈
南山大学学術叢書

奥山倫明著


定価: 本体5600円+税
2000年4月刊
ISBN4-88708-262-2
A5箱 290頁

在庫あり
第9回(2000年度)中村 元賞受賞/20世紀後半の宗教学の泰斗エリアーデの宗教学の全容を解き明かす必須文献。ルーマニア民俗学,東洋宗教研究から聖俗論,比較宗教学を経て,世界宗教史のレベルにまで到達するエリアーデの膨大な著作を渉猟。柔軟かつ広汎な視野と明快な論理で巨人の学に迫り,エリアーデ研究の一段の深化を約束する
【主要目次】
はじめに
   1 エリアーデとは
   2 わが国におけるエリアーデへの言及
   3 エリアーデ宗教学への一般理解
   4本書の方向づけ
第T部 エリアーデ宗教学における宗教比較論
 第1章 宗教学史の試み
   1 「宗教学の歴史」
   2 東洋学と起源論
   3 社会科学的アプローチ
   4 比較と歴史
 第2章 インド経験からシンボリズム論まで
   1 回想の中の「教訓」
   2 『アジアの錬金術』
   3 錬金術とシンポリズム
   4 「宇宙的相応性とヨーガ」
 第3章 シンボリズムとフオークロア
   1 マノーレ親方伝説
   2 シンポリズム論の展開
   3 ルーマニア的宇宙創成説
 第4章 宗教比較から宗教史へ
   1 形態学と宗教史
   2 『宗教学概論』における形態学と歴史
   3 『ヨーガ』と『シャーマニズム』
第U部 エリアーデ宗教学における宗教史研究
 第5章 歴史的限定と宗教的創造性
   1 歴史という条件
   2 限定からの創造
   3 課題としての宗教的創造性
   4 未開宗教における神話と歴史
   5 オーストラリア宗教における歴史性
   6 歴史と創造性
 第6章 宇宙と歴史と統合
   1 『宗教学概論』における「神学」
   2 『永遠回帰の神話』における始源的存在論
   3 『永遠回帰の神話』における神信仰の析出
   4 宇宙的宗教と宇宙的キリスト教
   5 民衆の神学からヨーロッパ宗教史の再考へ
 第7章 宗教史と始源性
   1 『ザルモクシスからジンギスカンへ』における始源的宗教者
   2 『世界宗教史』における根源的宗教経験
   3 狩猟民的宗教と農耕民的宗教
   4 遊牧民的宗教と農耕民的宗教
 第8章 『世界宗教史』の構想と継承
   1 エリアーデの日記から
   2 「信仰」と「宗教観念」
   3 『世界宗教史』の継承
   4 学問と歴史
第V部 エリアーデ宗教学の理論構造といくつかの問題
 第9章 逆説と再統合
   1 宗教の逆説性
   2 聖の両義性
   3 再統合の原理
 第10章 宗教史から解釈学へ
   1 「歴史主義」批判から「宗教史」へ
   2 他者体験の現代的意義
   3 対話から共存へ
 第11章 「偽装」の解釈と創作
   1 聖の偽装
   2 現代世界の「神話」
   3 創作と解釈
 終 章 エリアーデとルーマニア
   1 比較・歴史・解釈
   2 『ルーマニア人』
   3 ルーマニア史と「歴史の恐怖」
 HOME  会社案内 | 近刊案内 | 書名一覧・索引 | 注文について | リンク集
Copyright (c) 2005 Tosui Shobo, Publishers & Co., Ltd. All Rights Reserved