研究書・論文 
北アフリカのイスラーム聖者信仰 北アフリカの
イスラーム聖者信仰

チュニジア・セダダ村の歴史民族誌

鷹木恵子著


定価: 本体8000円+税
2000年2月刊
ISBN4-88708-258-4
A5判 414頁


在庫僅少 (カバーに汚れあり)
チュニジアの小村での人類学的調査にもとづき,マグリブのイスラームの複合的なあり方を,特に聖者信仰の位相に焦点をあてて,歴史人類学的にとらえる試み。時代と地域によって異なるイスラームの表情の豊かさ
【主要目次】
序 章 問題の所在
 1 従来の研究と問題の設定/2 分析概念の設定と聖者信仰/3 国家とジェリード
  地方と調査地セダダ村/4 論文構成と調査の概要
第1章 セダダ村の聖者信仰の成立とその発展
 1 聖者誕生以前の村とイスラーム化/2 アラブ化と聖者信仰の成立/3 旧村の
  滅亡と聖者を中心として新村落の形成/4 聖者の子孫集団の全盛期とスーフィー
  教団の活動
第2章 独立以降の国家権力の浸透と聖者の子孫集団の勢力衰退
 1 ハブス制度廃止などの諸改革とザーヴィヤの財産没収/2 「モスクを中心とする
  イスラーム」の国家化/3 普通教育の普及とマドラザの教育機能の剥奪
第3章 今日の宗教的実践の舞台と宗教生活の現状
 1 村の生活空間の構成/2 村社会の構造/3 村の生活リズムと4つの暦/村の
  宗教生活の現状−2つの位相
第4章 聖者信仰の宗教的象徴体系
 1 村の聖者たちの人物像/2 聖者にまつわる奇跡譚
第5章 聖者をめぐる儀礼実践の現状
 1 状況儀礼としての聖者廟参詣/2 人生儀礼にみる聖者廟参詣/3 農耕儀礼・
  収穫祭としての聖者廟参詣祭/アーシューラーの行事と聖者の祝祭
終 章 聖者信仰の位相を変えていくもの
 1 「聖者信仰」と「モスクを中心とするイスラーム」と「習俗的信仰」の位相/2 今後の
  聖者信仰の位相−ひとつの展望
 HOME  会社案内 | 近刊案内 | 書名一覧・索引 | 注文について | リンク集
Copyright (c) 2005 Tosui Shobo, Publishers & Co., Ltd. All Rights Reserved