研究書・論文 
古代インドの王権と宗教 古代インドの王権と宗教
王とバラモン

山崎元一著


定価: 本体13400円+税
1994年11月刊
ISBN4-88708-174-X
A5箱 518頁

在庫あり
前著『古代インド社会の研究-社会構造と庶民・下層民』とあわせて著者の古代インド社会研究の一応の完成。現時点で最も信頼すべきインド古代社会像
【主要目次】
前 編 王権の諸問題
  第1章 概 観
  第2章 ヒンドゥー法典類の王権論
  第3章 仏典,『実利論』の王権論
  第4章 『マハーバーラタ』の王権論
  第5章 クシャトリヤ=ヴァルナ
  第6章 「ジャータカ」の国王−その生涯と四住期説−
  第7章 碑文に記された王権
後 編 バラモンとヴァルナ制度
  第1章 概 観
  第2章 学生期の生活
  第3章 バラモンの生活
  第4章 「ジャータカ」のバラモン−住期説との関係を中心に−
  第5章 バラモンの自己主張
  第6章 窮迫時法(アーパド=ダルマ)
  第7章 贖罪規定−バラモン殺害を例として−
  第8章 『マハーバーラタ』の窮迫時法・贖罪法
  第9章 バラモンとチャンダーラ
 第10章 バラモンと王権
 HOME  会社案内 | 近刊案内 | 書名一覧・索引 | 注文について | リンク集
Copyright (c) 2005 Tosui Shobo, Publishers & Co., Ltd. All Rights Reserved